天気予報

29

19

みん経トピックス

ヘッドラインニュース

関門海峡「ぐるっと夜景バス」運行 観光客の「滞在時間延長」狙い

関門海峡「ぐるっと夜景バス」運行 観光客の「滞在時間延長」狙い関門海峡の両岸、北九州市門司区と下関市の夜景スポットを巡るバスツアー「関門海峡ぐるっと夜景バス」が9月2日から運行される。

下関水族館・海響館で「イルカ音」デジタルアート展示 音と図形連動

下関水族館・海響館で「イルカ音」デジタルアート展示 音と図形連動市立しものせき水族館「海響館」(下関市あるかぽーと、TEL 083-228-1100)で7月15日、イルカが音で描くデジ…

門司港のホテルで「大人のビアリゾート」 「ライブキッチン」シェフがその場で調理

門司港のホテルで「大人のビアリゾート」 「ライブキッチン」シェフがその場で調理「プレミアムホテル門司港」(北九州市門司区港町、TEL 093-321-1111)で6月30日、ビアガーデンイベントの「…

下関の水産加工会社と北九州のラーメン店がコラボ「とらふぐXO醤らーめん」

下関の水産加工会社と北九州のラーメン店がコラボ「とらふぐXO醤らーめん」下関の水産加工会社「河久」(下関市彦島西山町4、TEL 0120-293-029)と北九州市のみそラーメン専門店「鈴屋」…

門司港で「カフェ・スイーツ」フェス スイーツ店ら36店集う

門司港で「カフェ・スイーツ」フェス スイーツ店ら36店集う門司港の「旧大連航路上屋」(北九州市門司区西海岸)で4月22日・23日、「北九州カフェ&スイーツフェスティバル」が開催さ…

門司港で「アメリカンスワップミート」 「50~60年代」米雑貨など100店

門司港で「アメリカンスワップミート」 「50~60年代」米雑貨など100店門司港の「海峡ドラマシップ」(北九州市門司区西海岸)前庭で5月6日・7日、マーケットイベント「アメリカンスワップミート」…

下関で春らんまん「維新・海峡ウォーク」 1万8千人が「維新の足跡」巡る

下関で春らんまん「維新・海峡ウォーク」 1万8千人が「維新の足跡」巡る下関で4月9日、「維新・海峡ウォーク」が行われ、ウオーキングファン約1万8000人が参加した。

門司港で豪華客船「にっぽん丸」市民に公開 「大型客船誘致」に注力

門司港で豪華客船「にっぽん丸」市民に公開 「大型客船誘致」に注力門司港で3月31日、停泊中の豪華客船「にっぽん丸」の船内を市民に公開するイベントが行われ、北九州市と下関市の市民約100…

門司港の商店街で古着マーケット「洒落者市」 大学生店主が主催

門司港の商店街で古着マーケット「洒落者市」 大学生店主が主催門司港の「栄町商店街」(北九州市門司区栄町)で3月25日・26日、古着をメインとしたマーケットイベント「門司港洒落者(し…

下関市役所食堂で「鹿肉イノシシ肉」ジビエそうめん 市内高校生が考案

下関市役所食堂で「鹿肉イノシシ肉」ジビエそうめん 市内高校生が考案下関市役所(下関市南部町1)新館4階の食堂で現在、鹿肉やイノシシ肉のジビエを使ったメニュー「ぽかぽか!そぼろの温そうめん…

下関で「デコもち」教室 デコ巻きずしマイスターの「おこめ巻子」さん講師に

下関で「デコもち」教室 デコ巻きずしマイスターの「おこめ巻子」さん講師に下関の雑貨店「ミントハウス」(下関市川中豊町3)で1月17日、「デコ巻きずしマイスター」の石橋洋子さんによる「デコもち」…

下関「海峡メッセ」で成人式、「ど派手衣装」で大人への第一歩

下関「海峡メッセ」で成人式、「ど派手衣装」で大人への第一歩下関の「海峡メッセ下関」(下関市豊前田町3)で1月8日、派手な衣装の新成人が多く来場することで知られる「成人式」が行われ…

下関駅前に鶏白湯スープ専門ラーメン店「鶏一心」 ろうあ者の雇用確保にも

下関駅前に鶏白湯スープ専門ラーメン店「鶏一心」 ろうあ者の雇用確保にも下関駅前に12月21日、鶏白湯(パイタン)スープ専門のラーメン店「鶏一心」(下関市竹崎町3、TEL )がオープンした。

山陽新幹線「関門トンネル」内で携帯電話利用可能に 不通エリア「全線で解消」

山陽新幹線「関門トンネル」内で携帯電話利用可能に 不通エリア「全線で解消」山陽新幹線の「峠山トンネル(山口県宇部市)~小倉駅(北九州市)間」各トンネル内の「携帯電話不感地帯」における大手3キャリ…

関門経・年間PV1位は「国内最長鈍行列車」 「下関~岡山」間結ぶ

関門経・年間PV1位は「国内最長鈍行列車」 「下関~岡山」間結ぶ関門経済新聞の2016年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、4年ぶりに「国内最長の鈍行列車がダイヤに復活した…

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ      最後へ>>

グローバルフォトニュース