天気予報

12

6

みん経トピックス

下関の商業施設が大幅改装へ

関門経・年間PV1位は「下関の成人式」 「北九州市」に負けず劣らずど派手

関門経・年間PV1位は「下関の成人式」 「北九州市」に負けず劣らずど派手

人力車を仕立てて花魁風ヘアで登場した女性グループ

写真を拡大 地図を拡大

 関門経済新聞の2017年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、新成人がど派手な衣装で来場する「成人式」の模様を伝える記事だった。

【関連画像】警察官に誘導される、屋根を切り落とした改造車

 毎年、お隣北九州市の成人式が在京のテレビ局各局が取材に訪れるなど全国的な話題になっているが、赤間神宮「上臈道中(じょうろうどうちゅう)」の花魁(おいらん)を模した衣装で人力車を仕立てたり、歌舞伎役者風「くまどり」メークで一見誰かわからない男性がいたり、北九州市とは一味違った新成人が訪れる。

 ランキングは今年1月1日から12月15日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り。(カッコ内は掲載日)

1.下関「海峡メッセ」で成人式、「ど派手衣装」で大人への第一歩(1/8)

2.門司港で「アメリカンスワップミート」 「50~60年代」米雑貨など100店(4/12)

3.門司でキングコング西野さん新刊「革命のファンファーレ」出版記念パーティー (9/30)

4.下関の「シーモール」来年3月リニューアルへ 山口県内初「H&M」も(12/7)

5.下関市役所食堂で「鹿肉イノシシ肉」ジビエそうめん 市内高校生が考案 (1/20)

6.下関で春らんまん「維新・海峡ウォーク」 1万8千人が「維新の足跡」巡る(4/10)

7.門司港のホテルで「大人のビアリゾート」 「ライブキッチン」シェフがその場で調理(7/7)

8.門司港で豪華客船「にっぽん丸」市民に公開 「大型客船誘致」に注力(4/3)

9.下関水族館・海響館で「イルカ音」デジタルアート展示 音と図形連動(7/24)

10.関門海峡両岸で「キャンドルナイト」開催へ キャンドル3万個ともす(10/20)

 2位にランクインした「アメリカンスワップミート」は、昨年よりも規模を縮小しながら「もっと内容の濃いものを求めた」(実行委員長の秋山力也さん)といい、第3回目の今年、門司港のゴールデンウイークイベントとして定着した。来年の開催も決定した。

 西野亮廣さんが門司駅前のカフェ「ジラソーレ」で、新刊「革命のファンファーレ」の発表会開催を伝えたニュースは、関係者から寄せられた情報をもとに掲載したところ、西野さん本人がブログで紹介するなどし、多くのファンに向け拡散された。会場での西野さんは「テレビで見る(お笑い芸人としての)人物像とは違った、社会課題に目を向けるリーダーのような人だった」(来場者のひとり)という一面を見せた。

 4位と8位には施設のリニューアル情報がランクインした。開業40周年を迎えた「シーモール下関」は、スウェーデンのファッションブランド「H&M」を誘致したことが発表され、経営体制が変わった「門司港ホテル」は飲食部門に力を置いた刷新を施した。

 関門海峡は数々の歴史の舞台となった場所ではあるが、その魅力を存分に発信できていないと山口県と福岡県、下関市と北九州市、それぞれの行政や民間団体が手を結んで観光施策に取り組んでいる。関門経済新聞は、そうした歴史資産だけでなく、それらを活用した人の営みに着目していきたい。

グローバルフォトニュース