天気予報

9

4

みん経トピックス

門司でクラフト作家市下関の商業施設が大幅改装へ

関門海峡両岸で「キャンドルナイト」開催へ キャンドル3万個ともす

関門海峡両岸で「キャンドルナイト」開催へ キャンドル3万個ともす

昨年開催した前回の模様(提供写真)

写真を拡大 地図を拡大

 関門海峡を挟む下関市唐戸地区と門司港の両岸で11月18日・19日、市民によるイルミネーションイベント「キャンドルナイト」が行われる。

 「参加する多くの人がキャンドルに火をともすという行為を通じ、コミュニケーションを交わし、つながりを実感でき、人同士の絆を深めることを目的に、2012年7月から不定期開催している同イベントは今回で8回目。

 主催者で「門司港まちの情報センター」(北九州市門司区港町5)代表の伊崎司善(もりよし)さんは「笑顔を共有することで、地区の活性化や人口増加を図りたい」と話す。

 3万個のうち、門司港エリアに並べる約2万個のキャンドル配置デザインはユキヤ・ブリスボールさんが担当する。ユキヤさんは、米アリゾナ州セドナで「ヘナアート」と出合い、以降ライフワークとして「ヘナとアートと心と身体が「「祈る」という意識でつながった時に起こる奇跡のような体験を探求し続けているという。

 観覧無料。伊崎さんによると現在、準備・制作作業から開催当日までのボランティアスタッフを募集している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング