天気予報

29

19

みん経トピックス

下関市役所食堂でジビエ門司港で「にっぽん丸」公開

門司港の商店街で古着マーケット「洒落者市」 大学生店主が主催

  • 0
門司港の商店街で古着マーケット「洒落者市」 大学生店主が主催

池部(左)さんと豊村さん。「店舗移転を計画している。イベントで在庫を一掃したい」と意気込みを見せる

写真を拡大 地図を拡大

 門司港の「栄町商店街」(北九州市門司区栄町)で3月25日・26日、古着をメインとしたマーケットイベント「門司港洒落者(しゃれもの)市」が行われる。主催は古着店の「ヨーロピアンマルシェ」(浜町)。

 同店店主で大学生の池部哉太さんと豊村遥子さんが企画した。古着店18店のほか、セレクトショップやハンドメード作家、ネイリストら合わせて約30店が出店するという。2014年から始まり今回で4回目。

 これまで「門司港みなとハウス」(東港町)で開催してきたが、「(前回開催が)出店数来場客数ともにキャパシティーを超えそうだったので違う場所を探していた」と池部さん。「もっと地元の人にも足を運んでもらえる場所」としてアーケードのある商店街を選んだという。「古着をメインとしたマーケットイベントとしては西日本で最大級」とも。

 池部さんは語学留学先のアイルランドで「ヨーロッパの古着の魅力に出合い、以来ファッションに取り入れるようになった。現地の古着店とのパイプもでき、仕入れルートを開拓した」といい、昨年自身の店「ヨーロピアンマルシェ」を豊村さんと共に起業した。「古着になじみの薄い若い層にもアピールできた。(北九州での)古着文化が徐々に定着しているように感じる。出店社側からも開催の要望が多い」と、年2回開催を計画している。

 開催時間は12時~18時。入場無料。

グローバルフォトニュース