天気予報

19

15

みん経トピックス

関門経1位「国内最長鈍行」下関に鶏白湯ラーメン店

山陽新幹線「関門トンネル」内で携帯電話利用可能に 不通エリア「全線で解消」

  • 0
山陽新幹線「関門トンネル」内で携帯電話利用可能に 不通エリア「全線で解消」

新下関駅側から見た新関門トンネル(c)Bsx 10 November 2013
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Shin-Kanmon_Tunnel_Shin-SHimonoseki.JPG

地図を拡大

 山陽新幹線の「峠山トンネル(山口県宇部市)~小倉駅(北九州市)間」各トンネル内の「携帯電話不感地帯」における大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の中継基地設置工事が完了し、12月22日から通信が可能になった。

 トンネルなどの人工的な構造物によって電波が遮られ、携帯電話などが使用できない場所で、中継機器などを設置し携帯電話の使用を可能にする「電波の適正な利用を確保する」ことを目的とした、国の「電波遮へい対策事業」に基づく補助金を活用したもの。

 「JR西日本」新幹線管理本部の発表によると「山陽新幹線の全トンネル内での通話が可能になった」という。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング