天気予報

12

9

みん経トピックス

下関にコーヒースタンド門司で「コーヒー味」おはぎ

下関の古民家カレー店「ゆるり」1周年 スパイスにこだわり

下関の古民家カレー店「ゆるり」1周年 スパイスにこだわり

丘の上の住宅街にある古民家カレー店「ゆるり」

写真を拡大 地図を拡大

 下関・丸山町の「加厘家(かりーや)ゆるり」(下関市丸山町3)が3月19日、開業して1周年を迎える。

【動画ニュース】下関の古民家カレー店「ゆるり」1周年

 雑貨店として営業していた古民家を借り受けたという店舗の面積は約10坪、席数は12席。前職のカレー専門店で共に働いたシェフから「のんびりした性格」と名付けられたニックネーム「ゆるり」をそのまま店名にし、店での呼び名も「それで通している」という。

 スパイスを前面に押し出した風味が特徴のカレーで、繁華街から外れた住宅街にありながら、多くのリピーター客が定着している。「1人で営業しているため提供に時間がかかっていることが課題。『ゆるり』の名前もありお客さまには容赦いただいているようで恐縮している」と、「ゆるり」さんはひょうひょうとした語り口で話す。

 主なメニューは、ピクルスや煮豆、鶏手羽元などを盛り付けた「チキンカリープレート」(850円)や、「女性や高齢者でも食べやすいよう、カイエンペッパーを抑えた」という「牛スジカシミールカリープレート」(950円)など。ほかに日替わりのカレーも用意する。

 開業から1年を前に、「今後は、トッピングをあまりのせずにお茶漬けのようにさらさらと食べていただける基本的なカレーのメニューや、スパイスを使ったオリジナル商品の開発をしたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は11時30分~15時、18時~21時(月曜を除く)。火曜定休。

※「加厘」の加は口へんに加、厘は口へんに厘。

グローバルフォトニュース