天気予報

14

8

みん経トピックス

門司港で人形劇「よだか」山陽新幹線電波不通解消

関門経・年間PV1位は「国内最長鈍行列車」 「下関~岡山」間結ぶ

関門経・年間PV1位は「国内最長鈍行列車」 「下関~岡山」間結ぶ

岡山駅から7時間33分かけて下関駅に到着する「国内最長」鈍行列車

写真を拡大 地図を拡大

 関門経済新聞の2016年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、4年ぶりに「国内最長の鈍行列車がダイヤに復活した」ことを伝える記事だった。

【関連画像】「門司港ホテル」のJK(当時)パティシエ、小川宮玲央さん

 2012年のダイヤ改正で「国内最長鈍行列車」の称号を北海道・根室本線の「滝川~釧路」間に譲ったが、今年3月のダイヤ改正で復活した、総延長387.4キロメートル、実に7時間33分の長旅をする鈍行列車。新ダイヤ運行当日は、下関駅のホームに「撮り鉄」が現れるなど話題になった。

 ランキングは今年1月1日から12月20日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り。(カッコ内は掲載日)

1. 山陽本線に「国内最長」鈍行列車復活 岡山~下関間7時間33分(3/28)

2. 「門司港ホテル」のJKパティシエ、「数百人のスイーツ作り」に奮闘(1/28)

3. 門司港にハンバーガー専門店「ハングリーズ」 ロバート秋山さん弟が開業(9/5)

4. 門司港に元看護師のパン店「アリエル」 地産地消にこだわり(6/21)

5. 下関で「海峡映画祭」 ももクロ百田夏菜子さん、本広克行監督来関も (6/3)

6. 門司港の「旧門司文化服装学院」存続か取り壊しか (4/13)

7. 門司港にヒップホップ専門店「ハウス・オブ・スティール」 グループ活動名を店名に(9/7)

8. 下関の元旅館を「ゲストハウス」に、5月開業へ 安倍昭恵さん参画(2/8)

9. 門司港にカレー専門店「ミツバチカレー」 元建築業の店主自ら施工(5/31)

10. 門司港・中央市場のカフェ「カドヤ」、気ままなメニューで3カ月(2/1)

 2位には、現役女子高生でありながら「門司港ホテル」(北九州市門司区港町)にパティシエとして就職した小川宮玲央(くれお)さんの奮闘ぶりを伝えるニュースがランクイン。厨房スタッフ15人の最年少として「毎日早朝4時に起きて宿泊客の朝食を作ったり、ブライダル用に数百人分のチョコレートやティラミスを作ったりしている」と話した。

 3位以降は、お笑いグループ「ロバート」秋山さんの弟・秋山力也さんが開いたハンバーガー専門店「ハングリーズ・バーガーラウンジ」(同)や、元看護師の田中美知子さんが起業したパン店「アリエル」、ヒップホップ専門店「ハウス・オブ・スティール」(同)、カレー専門店「ミツバチカレー」(同)など、若い世代の起業家が新しく店をオープンした事例が目立つ。

 ほかに、安倍首相婦人の昭恵さんが参画した下関のゲストハウス「ウズハウス」は、関門海峡に隣接した好立地や、クラウドファンディングで目標額を大きく上回る資金調達をしたことで、「下関にこれまでなかった施設」と話題になっている。

グローバルフォトニュース