天気予報

31

24

みん経トピックス

門司港のJKパティシエ門司港の古書店、週3日営業

門司港・中央市場のカフェ「カドヤ」、気ままなメニューで3カ月

門司港・中央市場のカフェ「カドヤ」、気ままなメニューで3カ月

自家製のチーズケーキと「ハーブの挽き方を客が好みで決める」チャイ

写真を拡大 地図を拡大

 門司港・中央市場のカフェ「かどや(仮)」(北九州市門司区)が、昨年10月のオープンから3カ月が過ぎた。

「中央市場」の中ほどに位置する「カドヤ(仮)」

 カフェタイムとバータイムで店長とメニューが入れ替わる「二毛作」営業を続けており、「気まぐれで、その日思いついたランチメニューを提供する」カフェタイムと、「スパイスやハーブ料理を提供する」バータイムとなっている。店舗面積は約5坪、席数は7席。現在は改修中だが、2階にはソファ席も用意する。

 カフェタイムの店長を務める古本奈緒さんは、生姜の自家製コーディアル(濃縮果汁)を使い、ハーブのひき方を客が好みで決める「チャイ」(400円)や、宗像市の農家から仕入れた「未完熟イチゴ」の塩漬けを添えるチーズケーキなど、オリジナリティーにこだわる。「気分によって気ままに決める」というランチの取材日のメニューは「牛すじ」「大根」「こんにゃく」などの「おでん」(800円)が用意されていた。

 週末のレトロ地区のにぎわいとは対照的に、中央市場は曜日を問わず静まり返っている。「この静けさがいいと、遠方からわざわざやってくるお客さまが多い」といい、古書店やそば店、カフェなど個性的な店がポツリポツリと並ぶ市場が門司港の隠れた名所になりつつある。

 営業時間は12時~17時、18時~24時ごろ。月曜定休。夜の営業は火曜・木曜・金曜のみ。

グローバルフォトニュース